肝機能障害予防でお酒と歩むエンジョイライフ|お酒よフォーエバー

青汁

美味しい野菜ドリンク

青汁を飲む人

グリーンスムージーには、多くの栄養素や食物繊維が含まれており、美容効果やダイエット効果に優れているものである。そんなグリーンスムージーの代名詞である、緑の葉野菜はホウレンソウや、小松菜がおすすめとされているようだ。

もっと知ろう

人気が続く理由

フルーツのジュース

テレビや雑誌などでグリーンスムージーが紹介されてから、その認知度は広がってきています。ダイエット効果だけでなく健康にも良いのがその理由でしょう。一般の人もブログなどでおすすめグリーンスムージーを紹介しています。そのような背景からかメーカーも今後、様々な商品を販売していくかもしれません。

もっと知ろう

肝機能のトラブル予防

進行すると重病に繋がる肝機能障害にならないためにも今から予防しておきましょう!最も重要なのが食生活の改善です。

肝臓は沈黙の臓器です

食事

夏はビールが美味しく感じる季節です。特にスポーツ等で汗をかいた後のビールほど美味しいものはありません。 また、日頃からお酒が好きで毎日晩酌をしていると言う人も多いことでしょう。さらには、仕事の付き合いでお酒を飲む機会が多いと言う人もいるはずです。 しかし、お酒に含まれているアルコールは、肝臓で解毒され無毒化されます。そして、肝臓には知らず知らずのうちに解毒作用の負担を抱え込んでしまうでしょう。 肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、生命維持のために黙々と働いています。そして、過度なアルコール摂取はアルコール性肝機能障害を引き起こし、気が付いた時には肝硬変等の重篤な状態になってしまうこともあるのです。ですから、お酒の飲み過ぎには注意が必要です。

肝臓の働きを助けるには

アルコール性肝機能障害の進行度合を知るための指標の1つに、ガンマGTPと呼ばれる酵素があります。ガンマGTPは肝細胞の中に含まれており、アルコールの過剰摂取により肝細胞が破壊され血液中に放出されるのです。 ですから、ガンマGTPの血中濃度が高い人はアルコール性肝機能障害が進んでいるということが言えるでしょう。 そこで肝臓の働きを助けるには、オルニチンやクルクミン、そして肝臓抽出物等を主成分としたサプリメントが力を発揮します。 ですから、インターネットの比較サイトを活用して人気の高いサプリメントを探してみると良いでしょう。この中に掲載されているサプリメント利用者の口コミ情報は必ず役に立つはずです。そして、サプリメントを上手く利用してアルコール性肝機能障害を予防しましょう。

脂肪酸を減少

外食

日々の食事というのは、生活をする上でとても大切なこととなりますが、それだけでなく病気を予防する効果も持っています。そのため、肝機能障害などの病気も食品の力で改善することが出来ます。

もっと知ろう